就労までの流れ / 事例

就労までの流れ

ジョブリッジでは就職後も安心して働けるよう、共に歩んでいきます。

STEP.1ご利用開始

就労移行支援事業所であるジョブリッジは、原則24ヶ月間利用することができます。

STEP.2面談・訓練

面談を行い、ひとりひとりに合った支援計画を立て心のケアを含めた総合的な相談業務を行います。
訓練では、必要なカリキュラムに沿って訓練していきます。

特に自分の状況や気持ち・相手に対する質問や要求などをうまく伝えられるよう、実際の状況を演じながら練習していくソーシャルスキルトレーニング(SST)のほか、チラシの発送準備やWord及びExcelを使用した文章作成・データ入力などの実際のお仕事を、チームで取り組んでいただくことに力を入れています。
その他にも、自分の目標や課題、目指す職種に合わせて、多彩なカリキュラムを作成していきます。

また、今後はコンピュータサービス技能評価試験(CS試験)の合格をめざす訓練も開催予定です。

コンピュータサービス技能評価試験とは、専門機関として設立された職業能力開発協会が行う試験です。実務作業を想定した試験内容で、仕事で活用できる能力を証明することができます。

STEP.3実習・振り返り

企業実習は1週間から1ヶ月です。
実習で見つかった問題点を解決できるように目標を立てます。そして、就労に向けて個人のペースで訓練します。訓練では面接練習、就職活動で使用する書類の作成も行います。

就職に向けての様々な準備を、ジョブリッジで行うことができます。

STEP.4就職

ジョブリッジで身に着けたスキルを生かして、就労します。

ジョブリッジのご利用から就職までに要する期間は、3ヶ月~12ヶ月程です。ご利用から3週間で就労された方や、24ヶ月じっくり訓練して就労された方もいらっしゃいます。

ご利用者様のめざず就労へのプランをサポートします。

STEP.5就労定着支援

就職後に悩みや相談ごとがあればジョブコーチが支援します。

長く働きたい、障がいのある方に対して就労定着支援を行います。就労後6ヶ月は努力義務として定着支援を行っているところが大半ですが、ジョブリッジでは期限を設けていません。

就職後の定着支援についてはこちら

事例①

Aさん 40代女性
視野障がい

Aさんは30代半ばに突然両目の視野を失われた方です。

SBキャリアカレッジの訓練校に通っている際、併設されていたジョブリッジを見学されたことがきっかけで入所されました。

一人ひとり違うカリキュラムがあること、個人作業だけではなくグループで取り組む課題があること、がジョブリッジを選んだ理由です。

利用から3か月経った頃、就職活動への準備ができ、積極的に応募しました。
しかし、初めは珍しい障がいということもあり、企業側へ障がい特性が伝わらず、苦戦しました。

そこから、自らの障がい特性を分かりやすく伝えられるために、障がい特性文章を徹底的に作り変えて行きました。

ジョブリッジを利用して1年が経ち、Aさんは希望通りのデスクワークに就職することができました。

福利厚生もしっかりしており、お給料も水準以上でのお仕事でした。

ただ、一番大事だったのは、自らを今一度見つめなおし、人にご理解いただけるようになったことです。

事例②

Bさん 30代男性
統合失調症

職業訓練校に通われていたBさんは訓練中に体調不良が続き、体調管理に自信がなくなっていました。

体調管理ができるようになり、再就職したいという希望から、ジョブリッジを利用することを決められました。

自身の体調管理が課題のBさんには、体調管理シートをつけていただき、自身の体調を見える化する作業を習慣づけられるよう、カリキュラムを作成しました。
そして、体調不良でお休みにならないように努めていただきました。

半年後、体調不良でお休みすることも少なくなり、PCスキルにも一定の自信がついたBさんは、事務職の企業実習に参加することになりました。

1ヶ月の企業実習に行くことになったBさんは、データ入力のお仕事を任されました。半年のジョブリッジ利用で培った体調管理やPCスキルに自信があり、難なくこなせるだろうと思っていました。

ただ現実は違っていました。

企業の担当者が急用でいなくなり、その場の誰に相談すればいいか分からなくなってしまったBさんは、次第にお仕事の手が止まるようになってしまいました。

なんとか1ヶ月間の実習は乗り切りましたが、培った自信はなくなり、その反動からか就労への意欲も低下気味になってしまいました。

それから半年後、ジョブリッジ利用から1年が経過しました。自宅で近所のスーパーの求人広告を見たBさんは、子供の頃、そこで働きたかったことをふと思い出したのです。Bさんはジョブリッジに相談しました。

子供の頃に思っていたこと、スーパーで働いたことはないけれどもチャレンジしてみたいこと…それから1週間、面接練習を繰り返し、採用面接へ。

見事その日に内定通知をいただきました。

Bさんが就職してから3年が経ちました。ジョブリッジを巣立ったBさんは、今でもあのスーパーで働いています。

仕事のミスを怒られて不安になったり、どうしたらいいかわからない時は、今でも連絡をいただきます。そしてジョブリッジもその相談を聞き、必要であれば現場に出向いてBさんの様子を伺い、ご担当者様とお話させていただいています。

「こんなに長く働けてるのは、色々とジョブリッジに相談に乗ってもらっているからです。ありがとうございます。」とうれしいお言葉もいただいております。

事例③

Cさん 10代女性
自閉症スペクトラル症障がいを伴う知的障がい

Cさんは支援学校を卒業後に利用された方で、実習以外での職場体験はなく、働くことに関してあまりイメージできていない状態でした。

また、環境の変化に弱いとのことでした。

利用したきっかけは合同企業説明会に参加した際、ジョブリッジが行うコミュニケーション講座に参加したことでした。
参加後、ジョブリッジへの2週間の実習を経て、「支援員さんが優しく話を聞いてくれるし、面白いから」という理由で、利用を決めました。

コミュニケーション講座の時と同じ支援員で、何度も通えたことも利用を決めた理由です。

ジョブリッジでは、まずは学校の通学とは違う環境に慣れていただくことを最優先にし、休むことなく通所をしてもらいました。

通いやすいように休憩を多めに設定し、柔軟性のあるカリキュラムにしました。

また、実際の職場での出来事を想定し、ビジネスマナーやSST等、少しずつ社会人として意識していきたいこともお伝えしていきました。

利用から3か月たったころには安定して通所できるようになり、外部からの電話にも受け電対応できるようになりました。

ちょうどその頃、清掃実習の募集があり本人の「チャレンジしてみたい」という意気込みで、実習へ参加することになりました。

しかし、夏の暑い環境や朝早くからの出勤、環境の変化、様々な状況が重なり、2週間の実習を3日で途中辞退する結果となりました。

その後は、失敗したショックや不安を取り除くために、面談を繰り返し行いました。少しずつ復調していき、半年後には、決まっているお休みの日以外は、ジョブリッジを利用することができるようになりました。

それからまた3ヶ月後、利用から1年が経ち、自信を再び取り戻したCさんは今後の企業実習へ向けて準備しているところです。

何度もつまづきながら、それでも立ち上がって前へ進んでいく姿は、これから利用する方々への良いお手本になるのではと思っております。

PAGE TOP ページトップへ戻る

サイトトップへ戻る HOME